105回受講生の声

105回看護師国家試験の感想

 

104回や105回と比べると5肢2択の問題が増えたと考えられました。

また、一般状況もより具体的内容として出されており、より深い知識が問われていると思いました。
 
 

質問の問題文章も長く、一つを考えるのではなく、総合的に答えを考えさせる問題だった。 

  
  

全体的に知らない疾患が多かった。

また、今まで図で示されていた問題が、文章で書かれていたため、わからなかった。
 
 

問題の問い方や、選択する回答の文章表現が難しく意味を理解するのに手間どってしまいました。

 
 

特に午前問題は簡単に答えを出せる内容ではなかったので、考えて解く必要があった。

考えて解いたため、正解しているか自信が持てず、出来たという達成感がなかった。
 
 

プール制といわれる似たような問題は数問しかなかった。

過去問題と答えをそのまま暗記していたら、問題を解くことができないと感じた。
 
 

画像が多かった。

解剖や一般問題が難しかった。緑のテキストが大事だと思いました。状況や疾患や病状を知っていないと難しいと思いました。
 
 

必修はいつも8割取れていなかったので緊張してとても難しく感じた。

午前で分からないとことが多かったので午後は取り返そうと思っていましたが、更に不安で難しく感じた。
一般では輸液の計算や5択問題も多く感じ、考えて答えを出す問題が多かった。
状況ではIgA腎症、低位鎖肛など、初めて見る問題が出たり、解答を2つ選ぶ問題が多かった。 
 
 

必修問題は苦手なところが出たのでギリギリになってしまいました。

 
 

今までのように過去問を解いていくことで答えを覚える方法では点数が取れないように、問題にひねりが加えられていて、考えて解答を導き出さなければならない問題が多かったと感じた。

また、四肢択一の問題が増え、状況設定問題にも四肢択一があるなど、点数がとりずらくなっている。
 
 

こんな問題、一度もみたことない、教科書に載ってる?

っていう問題があった。
 
 

過去問をしているだけでは、なかなか、当日、解答できなかった。

1ページを開いた時、ずっと難しい問題かなと不安になった。
 
 

後で見直しをすると、冷静に考えれば解る問題でした。

しかし、模試の内容と言葉じりが違うなど、初めて見る内容に思え、難しく感じてしましました。
 
 

必修問題は緊張のためか午前中、難しく感じたが全体的に簡単だと感じた。

一般状況設定問題は二択が多く解答に悩むような問い方が多いと感じた。
 
 

業務上疾病・・・よく教科書を読んでいなかった。

臨床研究 ・・・よく教科書を読んでいなかった。
正産期  ・・・よく教科書を読んでいなかった。
療養病床に用いる病床室の床面積・・・よく教科書を読んでいなかった。
筋収縮・・・よく教科書を読んでいなかった。 
高齢者の体重に占める水分量、男性生殖器、教科書、解剖学、地域子育て支援センター、教科書を読んでいなかった。
看護(EBN)勉強不足。
片麻痺の歩行介助、 ① それはそうやなーと感じ
 
 

 午前の問題はみたことない問題、CTや脳出血の像などの写真画像は勉強が足りなかった分、わからなかったです。

X-P画像は、日頃から見れていたら分かった問題だと思いました。
 

受講生の皆様、お忙しい中、お手紙・アンケートをいただきありがとうございます。
毎年、このページは増え続けますが、皆様にお伝えできる場として更新してまいります。