106回受講生の声

ライブネット授業について

  
1日補習は長いため目が痛くなる?
 
 
 
 
全ての授業には参加できなかったが、精神的にも支えになった。
 
 
 
辛い時に授業を通して他の学生も頑張る姿が頑張れる力になった。先生も学生の苦手なことや勉強のコツが知れてよかった。
ネットなのでどこでも受講できるのがとても助かった。 iPhoneで入れるのはとてもよい。
 
 
ネットではあるが、チャットで先生に質問できるのがいい、それを先生もちゃんと拾ってくれる。
更にネットがいいのは、顔もしらない人たちなので、逆にバカな質問でもしやすいと思う。
もっと言うなら、ラインや TELで先生が本当に親切に対応してくれる。
パジャマや髪がボサボサでも授業を受けられる。
体調が悪くてもスマホでベッドで横になっていてもうけられる。 
 
 
参加したことないので、わかりません
 
 
 
自分のペースで勉強したいときにできるところやわざわざ家から出ることなく集中できた。
 
 
 
パソコン操作が苦手で、チャットに追いつけなかった。
最新のシステムがあっても、使いこなせなくて情けなかったです。
 
 
リアルタイムでの質問、みんなの考え方、思っている事などが知る事ができ勉強につながりました。
 
 
 
HPで書いている通り、通学時間がなく経済的にも助かるので本当に便利です。時間の融通も効くし、録画で何度も復習できるのもいい。
 
 
①往復時間がないため他のことに使える
②ご飯の時間と重なってもばれない!
③授業内容忘れても録画を見返せる
④先生への質問がすぐ返ってくる
⑤わからないこと、苦手なところはチャットで主張すると、分かりやすく教えてくれる
⑥半分家庭教師状態です!!
 
 
自宅で受けれるため時間を有効に使えました。
 
 
 
自宅でお風呂上がりでも受けれますし、子供を寝かしつけながらも受けることができて。
また、先生の声に、子供が寄ってきてました。
 
 
私は集中して学習するタイプなので、チャット講義には不向きと思いました。ビデオ講義を繰り返し見直す学習の方が私には向いていると思いました。受験目前の講義は特に講義にだけ集中したかったです。
必要な部分だけ集中して講義を受けました。
 
 
これまでは学校の中でしか自身を評価できなかった。インターネットを利用して、全国的にどのくらい理解できているかを確認できる場所でもありました。また、自分と同じように奮闘している方から勇気を貰う機会にもなって、勉強へのモチベーションの維持にも繋がっていました。
 
 
いつでも、手軽に入れて自分が好きな時間に利用できる。授業は、参加型だから、やりとりとかが楽しい。
 
 
 
苦手分野は繰り返し学習できた
 
 
 
分からないところを何回も動画で見て、勉強することができてよかったです。
 
 
 
スマートホンから利用していたため、なかなか電波が悪く通信がとぎれてしまうことがあったのが、少し残念でしたが、時間もよく、自分のペースで利用できたり、 LIVEで質問でき、良かったです。
 
 
ネットであれば、「あ!少し寝ぼうしてしまった」という時でも、寝ぐせのボサボサのすっぴんで受講できるので、夜遅くまで勉強して、次の日の朝早くからゼミがある時でも安心して勉強できる。
 
 
私が住んでいるところは田舎で、ゼミなどに行くには電車で1時間かけて通う必要がある。しかし、自宅で受けられることで、通学の時間を省くことができ、また、受けられなくても録画を見ることで学習することが出来てとても良かった。 
 
 
社会人で学校に通っていたため、家事や学校のやることを優先すると塾には通えず深夜に勉強していたが、インターネットを利用して分からないところの映像を止めたりすることができたので納得するまで視聴できてよかった。また仲間もいて心強かった。
 
 
ネット対応じゃない予備校では、分からない時なかなかすぐに質問出来ないけど、吉田ゼミではすぐに質問出来たり、他の生徒の意見を聞ける所が良かったです。また、周りから見られていないから、気楽に授業が聞けました。
 
 
仕事や家事をしながらでも、動画の配信やスマホ、 iPadなど使って、好きな場所、好きな時間に講義を受けられる。
 
 
 
家で講義が受けられるため、外に出ずに、始まる前までの用事をすることができたり、自分の家で1人でリラックスして授業が受けられるため、集中できるし、無駄のない時間の使い方ができるのがすごく良かった。 

ライブネット授業録画の感想

 

前日の復習に使ったり、いけない時に見る事ができたりしたので何度も活用させていただきました。

何度も繰り返す事で頭に入ってきました。 
 
 

分かりにくいところは繰り返し見ていた。(家事をしながら など)

  
 

私は、学校と家が往復4時間あるため、電車の中でみていました。

何回もみることで、理解し、覚えることができたと思います。
 
 

自分のペースで、みたい時に録画をみていました。

よくみていた時間は、学校に通学する車の中、外食の支度をしながらでした。苦手な分野は理解できるまで、何度も何度も録画をみて覚えました。
 
 

苦手な分野の習得、復習するのに役立つ。

 
  

好きな時間に自分のペースで学習できます。

夜中でも朝方でも学習できるのがいいです。また、先生が早口で説明されたところやわからなかったことは、何回でも見れるので学習になります。
 
 

分からなかったところを再度見直しました。

覚えたいところも巻き戻して何度も見ました。
 
 

苦手なところは何度も見直しました。

自分でテキストを見るより先生の声の方が頭に残ります。
 
  

授業中に書き逃した所、もう一度確認したい所など、さかのぼって見たりするとよいのかと思います。

 
 

授業中、質問しますが、その場ですぐに理解できないこともあります。

録画で再度、確認して理解するまで何ででも見た方が良いと思います。
 
 

一度で分からなかったことを振り返る!

教科書に書き込む!
 
 

自分の都合のいいところで一時停止しながら聞き逃がすことがないよう理解を深めるために活用したらと思います。

 
 

自分の都合で見逃した授業や、授業日を間違えた時等、大変助かります。

 
 

録画は、自分で仕事とか用事で見れない時、聞けない時には、すごく助かりました。

「あー今日授業あったのに、きけなかった」という時にでも、見直しや聞くことが、大変自分にとって心強く感じましたので、このまま続けてほしいと思います。
自分が不安に感じたときには、見直してみるのには最適です。  

後輩におすすめのライブネット授業・授業録画の学習法

  

その場で授業が受ける事ができ、外にいかなくても受けられるのが良かった。

また匿名なので質問もしやすく、分からなかった事はどんどん質問させていただき、ありがたく感じました。
 
 

予習動画の前にテキストを音読すると、授業が頭に残る。

書いて、まとめるのが苦手だったので。
  
 

授業を受ける前に、授業の範囲を音読してから受けることでより授業を理解することができると思います。

 
 

質問はチャットを通じてできるので、恥ずかしいという気持ちを持たずに質問できた。

受講生が全国にいるため、学校とは違う新鮮さがあった。小山先生が授業中にした質問にチャットで答えますが、頭に浮かんだ答えをパソコンのキーボードで打つという作業が、記憶保持につながるのでは?と思うくらいネット授業でやったところは覚えていられた。
 
 

テキストを前もって授業範囲を読んでおき、授業で学んだことをテキストに書き込むことで、自分用のテキストができ、勉強しやすくなる。

 
 

疲れていても授業に出ると元気になります。

先生の顔も日々表情が変わるので人間味あふれる人柄にひきつけられます。
私はチャットに書き込みはできなかったですが、他の人のを見るだけでも楽しいです。
先生は必ず反応してくれます。休まず授業に出ることをお勧めします。
 
 

毎回、参加すること!!を一番に考えました。

雑談の中にもテストに出そうなところがいっぱいありました。
 
 

授業中は先生の説明を理解する。を目標にしていました。

  
 

周りは全く知らない人であり、分からない部分があれば、積極的に質問することで、答えが分かり、納得することで記憶に残り、覚えられると思います。

自分が疑問に思うことは、同じく分からずにいる人もいると考え、自分のため、仲間のためになると考え、質問するなど活用するといいと思います。
 
 

授業中、分からないことはその場でチャットに書き込んでください。

どこの誰かとか、分からないので恥ずかしく感じることはありません。分からないことはどんどん質問しましょう。
 
 

参加できる日は積極的に参加して、沢山、とにかく質問して覚える!

 
  

ライブネット従業ではその都度、質問ができるので遠慮せずに聞くことが大切だと感じた。

実際、流れについていけず質問できなかったりするので、メモを取り、自分で調べることも大事だと思います。
 
 

私にとってすごく頼りになり、心強いものでした。

テキストだけでは、理解しにくいところや中学時代に授業できいていても忘れてしまったものなど丁寧に教えてくれはったことに感謝します。毎日(決められた曜日)のは必ず聞くことが大切だと思います。 
 

受講生の皆様、お忙しい中、お手紙・アンケートをいただきありがとうございます。
毎年、このページは増え続けますが、皆様にお伝えできる場として更新してまいります。