合格プログラム

受講生、それぞれの合格プログラム

 
 
 
合格保証講座に入塾すると、授業に参加した、復習問題は、理解度は、と問われるノートが届きます。
 
このノートに記録を付けながら、最後までガンバレル、それぞれの合格プログラムができ上がります。

合格プログラム -一週間-

月曜日 予習動画・基礎力テスト
授業で習う範囲をあらかじめ動画で学習します。
予習動画で基礎知識を再確認し、火曜日の準備をします。基礎力テストで自分の力を試し、疑問や質問を整理します。基礎知識があると授業の理解度が深まり余裕が生まれます。
 
火曜日 ライブネット授業(基礎力養成講座)
基礎力を養うアクティブラ・ーニングを用いた授業を行います。
月曜日の基礎力テストの結果から、講師は受講生の学力特性を把握し、授業では更に深めてほしい知識や課題を交えながら、ディスカッションする時間を大切にします。
受講生の学力に沿ったレベルの講義なので楽しく学習できます。
 
水曜日(月曜日と同様) 予習動画・基礎力テスト
まとめになる知識の総復習を行い、暗記型問題の解答能力を高めます。
 
木曜日(火曜日と同様) ライブネット授業(基礎力養成講座)
基礎力を養う授業を行います。
各論部分を重点的に取り上げ、思考型問題の解答能力を高めます。
 
金曜日 復習テスト
その週に習った学習範囲の復習テストを受験し、個々の弱点分野を解析します。
 
土曜日 ライブネット授業(実践力養成講座)
その週に習った知識を実際に応用できるか実践力を養う授業を行います。
復習テストの解説を交えながら、問題を解くコツやポイントを伝授します。復習テストで間違ったところは動画解説で弱点を克服します。この復習テストと動画解説を繰り返し学習することで、この分野は完全に習得できます。
 
日曜日
 来週からの授業に備え、リフレッシュ。

合格プログラム -1年間-

2月の看護師国家試験が終わると、いよいよ受験年度です。 

3月の目標

 リベンジ組は、いつまでも引きずらない。学力の維持を考える。

 現役組は中学の理科の総復習と学習習慣を確立する。

 文字慣れするために、ひたすら音読を繰り返す。

4月の目標 

高校の生物・化学の総復習と自分の合った合格法を見つけ出す。

5月の目標 

いよいよライブネット授業のスタート、授業と自分の生活習慣のバランスをとる。

6月の目標 

人体の構造と機能を正確に理解する。

7月の目標 

病態生理学を自分のものにする。

8月の目標

 厚生労働省「108回国家試験発表」 必修問題の研究で、出題傾向を把握する。

9月の目標

 基礎看護技術を理論から学ぶ。

10月の目標

 專門基礎分野を8割はマスターできている。

11月の目標 

臨床科目の弱点を克服する。

12月の目標 

模擬試験で全国順位3桁を目指して、弱点を補強する。

1月の目標 

試験の傾向を再検討し、対策を立てる。

2月の目標

 看護師国家試験施行 想起型学習で総まとめを行う。

3月の目標 

看護師国家試験合格発表 桜咲く吉報を受け取る準備をする。

 

1年間の標準学習時間291時間
標準的な学習時間(目安)ですので、個人差があります。