103回受験生 合格おめでとうございます

103回看護師国家試験受験の感想を一言

一般問題は、そんなに焦らずに考えながら解くことができたけど、状況設定で、見たことがない内容の問題が出てきて少し焦った。もっと落ち着いて解くことができたらよかったのかな、と思った。
 

入塾のきっかけ

私は二度目の国家試験がきっかけで入塾しましたが、吉田ゼミナールは看護学生生活におけるいろんな「困った」を助けてくれる場所だと入塾して知りました。私がもし、看護学生時代に知っていたら迷わず入塾していたと思います。
 
国家試験対策だけではなく、看護の基本から思考型で学べる事はとても大きな意味があると思います。自分が目指す看護師を見つけるためにここで学ぶのも一つの手段だと思います。
 
また、勉強だけじゃなく、沢山の仲間に会えること、授業の中でコミュニケーションが直接とれること、繋がりが広がること、 オススメポイントはいーっぱいあります\(^o^)/
 

ゼミの学習法

一年間、吉田ゼミナールで勉強できて本当に良かったと思えたのは、テスト当日でした。 テスト内容を見て、授業の内容や、先生が話していた内容、テキストの中身がそのまま出ているような感覚でした。 本当に頭の中で、先生の声や内容が出てくるのです(笑)。
 
二回目の受験だったので、とても緊張していましたが、徐々に落ち着いて解いていくことができました。また、助産師保健師も同時に受験していたので、試験が近づくごとに焦りや不安、看護師の学習しかできないような事が何度かありました。
 
しかし、吉田ゼミナールでは、決まった時間にある授業や録画授業を見ることが出来たり、友達と励ましあって支えてもらいながら取り組むことができました。友達と一緒に吉田ゼミナールに入り、一緒に勉強して、夜は同じ授業に参加して、その授業の話をして …そんな一年があったから勉強できたんだと思います。会ったこともない同じ塾生と励ましあいながら臨んだ国家試験は人生の中でとても大きな経験になりました。
 
また、吉田ゼミナールが凄いのは、試験が終わっても何かをまだ学んでいきたいという気持ちでいられることです。看護の範囲はもちろんですが、もっと自分を高めていきたい、多くの事を学びたい、いろんな経験をしたいと思えています。そんな今の自分があるのも吉田ゼミナールに出会えたからだと思っています。
 
本当に濃い一年をありがとうございました。


104回受験生へ一言

吉田ゼミナールに入って、自分の考える力を見直すことができます。本を読む力、考える力が身に付く場だと思います。自分のまだ伸びる所、長所、短所ともう一度向き合い、知識を深めながら、さらに自分をパワーアップできるよう頑張って、頼れる看護師を目指して下さい!!