●[専門学校] [既卒] [チラシ、で入塾] 

今回の試験について

104回看護師国家試験の受験をし、直筆ではないですが無事合格できたことのお知らせと感謝をこめて、書かせていただきました。
 
 思い起こせば2年前102回国家試験に落ちて半年は引きずっていました。卒業した学校からは、○○アカデミーに申し込んだら?と言われ、資料を取り寄せ検討。やる気が出なくて夏休みの夏期講習なら単発で申し込めるし、自分に合うのかどうかわかるしなどと、スタートラインから遅く、だらだらと過ごしていました。今思うと気力がなかったですね。
 
 そんな時、母校に行くことがあり何気なしに学校のチラシを見ていたところ吉田ゼミナールのチラシがありました。これが初めて「吉田ゼミナール」を知ることとなりました。自宅に帰ってさっそくユーチューブを見たり、チラシをみたり。怪しくないか、大丈夫か?ひとりで悩みました。仕事があるので受講時間や曜日、受講期間にインターネットでできるのかな?とか申し込むにも躊躇しました。でも、お試しがあったのでとりあえず申し込みを行い物品が輸送されてきましたが、ここでも問題発生。インターネットは詳しくないし、セッティングできなくてお試し期間が過ぎてしまいました。そんな時、直接小山先生から電話がありびっくりしましたが、丁寧な説明で心強かったです。
 それから吉田ゼミナールを受講するのに自分の性格や生活リズム、もちろん金額も含め受講内容を検討。秋の2期生から入塾生となったのです。
 
受講中は周りに誰もいないから気軽に受講できるし、仕事をしながらなので教室まで移動時間がいらないし交通費もなし。時間帯が夜なので、仕事後に自宅で受講できる授業時間であることが大きかったです。受講できない場合や聞き逃した場合などに後から受講内容が聞けるシステムや小テストなど幅広く活用できる内容がいいですね。テストもシャッフルされるので丸暗記できないですし、やたら焦って手広く浅く勉強して身にならないよりは、吉田ゼミナールのテキストとオンラインだけでOKなのがとってもシンプルでいい点です。
 
 私は勉強ができない方ですし、覚えも悪い上に直ぐ忘れてしまう。
そんな私に先生の「半年で10点は上げられる」という言葉が大きかったですね。また、受講中に先生が「決断力(行動力)がないひとは落ちる」も大きな心に残る言葉でした。
 
当たり前がとっても難しいのだとも実感しました。
 
半年間、受講できる受講時間もあったのですが、パソコンの操作や自分の勘違いなどで受講できないことも多々ありました。103回の受験では先生の言っていた通り10点は上がりました。しかし受験は不合格。そんな時私の手違いから、先生からの電話があり、もう一度入塾することとなったのです。
 
スタート時点は昨年より早かったので、順調にテキストを読んだりしていました。また、ホームページの改正やら学習に便利なプログラムが徐々に出来上がっていた時期でもありました。便利な内容が盛りだくさんで、反復学習にはとっても良い内容ばかりです。
それでも生の先生の楽しい授業の方が聞きたくて、仕事が終わったら速攻、自宅へ帰宅の日々でした。
 
授業は2時間、3時間があっという間に終わってしまうぐらい楽しい授業です。入塾生も思いやりがある優しい人ばかりで楽しかったです。全国ネット感覚が生の授業みたいにライブ感覚的な点もいいです。(台風などで電車が動かないとか、他県の天候状況もわかるぐらいの全国ネット!って感じです)。
 
 学習はメモを取るのが遅いので私はほぼ走り書きやライン引きのみでした。テキストに直接記入。今までの卒業生みたいに細かくノートに書いたりはできない派でした。生の講義講習の一点で乗り切っていたのが実情です。
受講していて失敗した点は12月頃の70時間講習に応募しなかったことです。前年時は受講したのですが、今年度は受講しなかったのです。
 
実はお恥ずかしいのですが、今年は仕事の休み期間をまとめていただいたので受講するお金が足りなかったのです。自力学習しか道はなく、吉田ゼミナールの過去の授業内容を再度聞いたり、テキスト学習したりで乗り切りました。自分で選んだけど1月頃にはやっぱり無理してでも入っておけばよかったのかもと後悔もしました。
 
そんなこんなで国家試験終了後は回答することも怖くてできない状態。中途半端の(自分で選択した)状態で国家試験を受けましたが、無事合格できました。
 
 山あり谷ありでしたが卒業した看護学校には悪いけど、学校での授業より吉田ゼミナールの授業内容の方がわかりやすいし、頭に残りました。反復学習の大切さが吉田ゼミナールを受講して実感です。また、わからないと気持ち良くわかるまで教えてくれます。いまさらですが、学生時代から吉田ゼミナールを知っていればこんなに苦労しなかったのではと思います。何で在学中にゼミのチラシがなかったのかなぁ?
 
 学習には反復学習が大切であることを実感しましたが、何より講師の小山先生独特授業内容が一番身になると感じました。いまどき、あんなに親身になって教えてくれる人っていないなぁと思います。
 
 「看護師になるなら吉田ゼミナールを受講したほうが、身になる」です。「成功、不成功を分けるのは行動するかしないか」ですよ~!
 
先生、本当にありがとうございました。
また、吉田ゼミナールの職員皆様ありがとうございました。
 

今回の試験について感想をお聞かせください

難しかった
 
社会動向がわからず、1回出たところでパニック。
思い込みもあり、ちょっと違うと「あれっ?」って止まってしまう。

過去問の繰り返し演習は必要だと思われましたか。    

必要だと思いますが、必要ないものまで頭の中へ入れるとあとで整理がつかなくなります。又、どれが必要かを見きわめるためには、データを理解し、分析出来てないとむずかしいので、結果、全部つめこんでしまうのかもしれません。

吉田ゼミナールの合格保証講座を受講されていかがでしたか。

受講以前と比べたら伸びました。半年で上がったと思いますが、再度1年間受講し前年度を維持できたのも、すごいと思います。

インターネットを利用した講義、どうでしたか。

 
仕事をしながらだったので家に帰れば食事をしながら受けられる所や他人がいないのでリラックスできる点(トイレに行けるとかお茶を飲みながらとか)が自分にあっていました。

テキスト(オリジナルテキスト・過去問題・実力テスト・各コースの受講用テキスト)やWEBテストに関して、分かりやすかったですか。

 テキストはとってもわかりやすいし使いやすい。
 
WEBテスト変わるので覚えないので(質問を)良いです。ただし、自分があまり使用しなかった(回数)のが今思うともったいないと思ってます。

105回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

とにかく早くはじめて、先生の言うとおり学習すれば受かると思います。
ただし、決めるのは自分なので、すなおじゃないと受講しても水のあわかもしれません。