[専門学校] [現役] [ネット検索、で入塾] 

私が吉田ゼミナールに入学した理由

 
看護学校に入り、座学で努力すれば何とか単位は取れてきましたが、実習は私にとって、本当に、苦しく、自分に何が不足しているのかわからず、悩んでいました。2年生の基礎看護学実習Ⅱでは、グループのメンバーの中で自分が一番頑張っていると思っていても教員からの評価は低く、3年生からの1年近く続く実習を乗り越えられるかどうか非常に不安でした。

 

藁をも掴む思いで、吉田ゼミに電話し、小山先生に出会いました。ネットの予備校で電話だけで吉田ゼミに入ること、また、私にとっては入塾の費用が非常に高く感じ悩みましたが、30代半ばで看護学校に入り、絶対に卒業し看護師免許を取れるという強い思いから、思い切って一晩で入塾を決意しました。
 
あれから先生は私の性格や言葉遣いなどから的確なアドバイスを下さり、自分の不足している部分、努力すべき所に気づかせて下さいました。自分では気付かないうちに、2年生の時には気付くことができなかった患者さんとの関係が変わっていました。
これも一重に小山先生のご指導があったからだと思います。
 
3年生の長い間続く実習では本当に辛いこともたくさんあり、くじけそうになった時も小山先生が熱心に話を聞いてくださったり、時には怒ってくださったり、常に私を見守っていて支えてくださったので、途中で投げ出すことなく最後まで平常心で、1日だけ体調不良で休んだだけで通うことができました。本当にありがとうございます。
 
小山先生との出会いは、看護実習を乗り越えるだけでなく、私の人生で大きな意味があったと考えています。
 
4月から就職しても悩んだり、つまづくときは、また相談に乗ってください。
よろしくお願いします。

今回の試験について、お聞かせください。

難しかった・・・。
午前の1番から将来の統計の出題や、午前62、83などかなり難易度の高い問題が出題されたから。

過去問の繰り返し演習は必要だと思われますか。

はい。
難しい問題も出題されてたが、過去問してれば確実に解ける問題も多数出題されているので、そこは確実におさえるべきだから。

この1年間で成績が伸びたと思いますか。

今まで可や良しか取れなかったが、優を取ることができたり、グループの中で見ても実習の点数が高かった。
 
小山先生に相談し、アドバイスを受けたから頑張れたと思う。自分一人で悩み、考えて努力しても、このような結果は得られなかったと思う。小山先生が私という人間を的確に判断し、良い指導をしてくださった結果だと思う。

インターネットを利用した講義、どうでしたか。

解剖、疾患など国試につながるような講義を受けようと思って視聴しているが、勉強以外の話は、おもしろく、楽しい話で、人生や勉強、就職してからも重要な内容ではある。

講師が彼女を語る。

 
講師より
『実習で困ったとき絶対に助けてくれますか?』の電話をとったのが、彼女との出会いでした。
 
知的でメカ音痴な彼女は座学は得意でしたが、コミュニケーションが苦手でした。よく、患者さんとの会話について、質問があったのを覚えています。
 
人間を対象とする仕事は、自分と相手との距離感が非常に難しいものですが、これは経験をつむ以外に解決できないものです。
 
春からプロとして働きますが、自分に自信をもって進んでください。

105回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

過去問とその周辺を確実にやることがまずは大切だと思う。