[大学] [現役] [友達の紹介、で入塾] 

小山先生へ

吉田ゼミナールを受講する前の模擬試験の結果は、Ddでした。必修は30点未満、一般状況は50%。また、総合順位では後ろに1500人といない状態でした。

10月に入塾してはじめの2ヶ月間は、あまり成績のほうは伸びませんでした。しかし、先生が毎度のように言っている『緑の本を読め』『動画を見ろ』の言葉を信じて緑の本を寝る前に声を出しながら読みました。
 
12月頃から始まった70日講座では、基本から教えていただき、今まで読んでいた緑の本の内容と先生の講義内容の意味が繋がるようになり、先生の言っている意味が理解できるようになった。お正月を過ぎたあたりから成績が伸び始め国家試験では、今までの模擬試験の中で一番高く、一般状況でも70%を超えることができました。
 
今でも吉田ゼミナールを紹介してくださった友達と小山先生に感謝の気持ちをこめながら、この手紙を綴っています。

今回の試験のご感想をお聞かせください。

 
過去問や模擬試験では出てきたことがない、新しい問題が必修、一般ともに出ていた。

過去問の繰り返し演習は必要だと思われましたか。 

 
過去問を解くことも必要であるが、今回のように新しい問題が増えると過去問だけでは難しいと感じる。
 
塾やセミナーなどに参加し、さまざまな方面から問題に対してアプローチできる力をつけるべきだと思う。

吉田ゼミナールの合格保証講座を受講されていかがでしたか。

 
10月の終わりに入塾しました。そのときの結果は業者模試でD bです。
 
最初の2ヶ月間は、全く成績が伸びませんでした。しかし、正月が過ぎた頃から模擬試験の問題が何を問いているのかが分かり、答えを導くことができるようになりました。
 
国試では、今までの模擬試験より一般状況が一番高かったです。

インターネットを利用した講義、どうでしたか。

 
他社のセミナーでは、現地まで行かないといけなく、通年制で通うことは不可能な距離だったので、自宅で授業を受けられるのはうれしかったです。
 
また、匿名な事から、わからないことも気軽に先生に質問することができる。
 
いつでもどこでもスマートフォンを使い、動画を見れたり、問題を解くことができる。

テキスト(オリジナルテキスト・過去問題・実力テスト・各コースの受講用テキスト)やWEBテストに関して、分かりやすかったですか。

 
テキストの内容の文章が、分かりやすい。読んでいると「なるほど」「そうなんだ」と「だから、さっきの症状とつながるんだ」という言葉が出てしまうほど分かりやすく、理解しやすい。理解できるということからもっと勉強が好きになっていく。

講師が彼を語る

講師より
模擬試験の成績が伸びない理由は、学習方法が自分にとって大きく間違っているからです。彼は、国家試験が近づくにつれ、模試の成績がDランクを維持していることに不安を抱き入塾しました。
学習の始めは自己分析からスタートですが、ゆとり教育世代の特徴として活字離れが原因で、文章読解能力が低い場合がほとんどです。『小学生の宿題みたいに本を音読すること』に前向きに取り組んだのがよかったです。

105回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

 
勉強というものが苦手なら、ぜひ、吉田ゼミナールへ。看護国試だけでなく、勉強の効率の良いやり方や楽しみ方などを教えてくれます。
.