[専門学校] [現役] [70日のチラシ、で入塾] 

試験を終えて


桜前線の待ち遠しい今日この頃、お元気でお過ごしですか?
 
小山先生とは、104回看護師国家試験まで90日余りの時点での出逢いでしたが、学校の先生と同じくらいお世話になりまった恩師であり、感謝しています。
 
あれは実習も終わる間近の11月下旬、つまり国試まで3ヶ月ほど。2年課程の私は、目まぐるしい実習スケジュールと看護研究の準備、家庭の主婦業と何足ものわらじに追われる毎日で、国試の勉強をする余裕がありませんでした。学校に来る某ゼミの講師には、12月までにQBの必修を3往復はするよう言われていましたが、私のQBは真っ白状態でした。“早く何とかしないと”“何か私に合った勉強方法はないかな”とインターネットで国家試験対策を検索していると…。
 
90日前…まだ間に合う・・・
吉田ゼミナールの文字が目に留まりました。「90日前…まだ間に合う」のフレーズに“本当に~!!”とすがる思いでページを開きました(笑)
 
完全自宅学習、インターネットでの対面ライブ授業、卒後もサポートしてくれるなど様々なコースがあり、小さな子どものいる私にはとても魅力的でした。ただちょっとお金が高いな…という思いが正直あり、サギだったりしたらどうしよう(笑)などの不安もありました。まずは、資料だけ請求して、怪しかったらやめようと思っていました。
 
関西弁の先生と話してみて入塾を決定
そして資料請求から数日が経ったある日、見知らぬ番号からの着信が私の携帯にかかってきました。誰だろう…と思いながら電話に出ると「どうもこんにちは~、吉田ゼミナールの小山ですぅ~」と関西弁の男の人の声!え?もしかしてあのトップ画像の本人?とびっくりした思いで電話の声に耳を傾けました。
 
先生とコースの内容や看護についての思い、勉強法の不安を話すうち、たった数十分の電話でしたが、“この人は信頼できる。付いて行ける”と確信でき、その場で入塾を決めました。入金してから数日後、中くらいのダンボールに緑のテキストや問題集が届きました。
 
ネットで授業をただ聞くだけかと思っていた私は、緑の本のクオリティに圧倒されました。レビューよりすごいまとまって、しかも分野ごとに分かれていてなんて見やすいんだろう。これは臨床に出てからもずーっと使えるわ。すごーぃ。と。目がキラキラしてしまったのを思い出します。
 
90日余りの出会いでしたが、たくさんのことを学びました
初の授業では、ネット上のクラスメートの暖かい歓迎の言葉や、操作の仕方を先生が話している間でも、教えてくれありがたかったです。そして何より先生の考えさせる授業!国試の事だけでなく、倫理観や人間関係についてまで様々な事を教えて下さいました。私はパソコンの文字を打つのが遅いので、自分の思いを文字に表現する事に追い付けない事が多々ありましたが、パソコンの前で、先生の意見、クラスメートの意見にうんうんとうなづいたり、いや、それって違うんじゃない?と本当に様々な事を考えました。自宅でたった1個のパソコンからたった90日余りで沢山の事を学ぶことが出来ました。
 
看護師になるため、試験に受かるため、こんなに素敵な出逢いにつながるなんて思ってもみませんでした。
あの時、ネットを開いた自分と、小山先生の後押しに今は心の底から「吉田ゼミナールやって良かった!!」と言えます。
 
国試は大幅に200点超え
試験の目標点数も、自分の中では、目指せトータル200点だったのですが、200点を大幅に超える事ができ、大変満足しています。
 
卒業後は、通信制の大学に進学も決まり、新たな夢に向かって4月からは前進できそうです。
大学では、研究が必須となってくるので、先生!!私とのお付き合いは、これからが本番となってきます。どうぞこれからも熱い御指導を宜しくお願いします。
 
最後に、105回に向けて、どこのゼミにしようかと悩んでいる貴方へ!
確かに、有名ゼミも聞きたいと思うでしょうが、ゼミの費用の他にも交通費、食事代+労力がかかります。それを思うと吉田ゼミナールは、雑費が無く、出掛けるための労力もゼロです。パジャマで受けてもノーメイクでも、何か食べながらでも(笑)
 
パソコンの前に座りさえすれば、先生の授業を受けられるのです。こんなにお手軽な事は他にないと思います。私はウルトラコースでしたが、初めは高いなと思った事を、今は逆に安くて良かった自分正解って思えます。ライブ授業に出られない時には、録画で授業が聞けるので通学途中にイヤホンをしながら私は、毎日、先生の声を聞いていました。
 
ただ、1つ後悔があるとすれば、もっと早く知っていれば!!という事です。もっと早くに先生と出逢っていたなら、実習もさぞ心強かったと悔まれます。また、もう少しじっくりテキストを使い勉強に打ち込めていれば、もっと点数が取れたのではないかと考えられます。なので、どうしようかと悩んでいる方がいたら1日でも早く、入塾した方が良いよ!!って胸を張って言いたいです。
年々、過去問の通用しない問題、つまり思考型が増えており、簡単には合格ができなくなっているそうです。
 
自信を持って試験に臨むためには、早くからの準備が本当に必要だと思います。
吉田ゼミナールで合格の桜を咲かせましょう!!
 
感謝の気持ちを込めて。

104回の試験の感想をお聞かせください。

極度の緊張の中、午前1問目から患者を問われる設問の仕方であったため、頭がまっ白になり、問題を解釈できませんでした。翌日、冷静になったところで見返すと、高齢化率のことだと直ぐに分かり、国試の魔力を思い知らされました。
 
一般問題も、今までの想起型でなく、思考型が多く出ており、掘り下げないと解けない問題が多かったと思います。先生の「最後まであきらめるな」の声を何度も心に響かせ望み、終了することができました。
 

過去問の繰り返し演習は必要だと思われましたか。    

今回の試験は過去問がそっくりそのままという問題は少なかったように感じました。しかし、過去問で傾向になれることや予測力を養うことは身に付くと思うので、必要だと考えます。
 

吉田ゼミナールの合格保証講座を受講されていかがでしたか。

私が吉田ゼミナールを知ったのは、統合実習が終了する間際、つまり、国試3か月前でした。何から手をつけたら良いのかと路頭に迷う中、パソコンで国試対策講座を検索していたところ、吉田ゼミナールの文章が目に止まりました。
 
70日前まだ間に合うの、フレーズに心奪われました。しかし、決して安い金額ではなかったので迷っていると、先生が直接電話をくださり、わたしの質問にたし、すべて真摯に対応してくださいました。
 
この先生なら信用できるし、ついていけると確信し入塾を決めました。数日後、テキストとまとめられた過去問集が届きましたが、テキストのクオリティの高さに驚きました。
 
老年、成人、母性と分野ごとにまとめられており、レビューブックを持っていなかった私にはとても役立ちました。今後、新人として臨床に出る際にも、緑のテキストは私の強い味方になると思います。
 
模試の成績も、平均より上の点数をkeepすることができました。
 

インターネットを利用した講義、どうでしたか。

 
私はパソコン操作が得意ではありませんが、先生の助言で授業を受けるまでの段取りも、手間を取ることなく動かすことができました。
 
インターネット講義は出かける手間がないため、外見や人目を気にすることなく受けられるので、とても便利でした。また、学校の友達には」聞けないこともネット内では質問でき、分かち合えるので、心強かったです。
授業は、録画も見られるので、子持ちの私には、録画授業は、ありがたいシステムでした。
 

テキスト(オリジナルテキスト・過去問題・実力テスト・各コースの受講用テキスト)やWEBテストに関して、分かりやすかったですか

 
過去問が取りまとめてあり、分野ごとに分かれていて、とてもわかりやすかったです。少し時間が空いた時に、ケータイをポチっとすればテストに望めるので、布団の中や電車の中で活用していました。

授業を受けて、テキストに書き込む、付箋に書きテキストに貼る、ノートを取る方法などがありますが、自分に合ったまとめ方で、サクサクと学習できます。
 
単語帳にも、いろいろな工夫がみえます。
 

講師が彼女を語る

講師より
国家試験まで、短期間で成績が伸びる受講生の特徴は、素直な性格だと思います。彼女もできる看護師になりたいと入塾しました。自分の思いを言葉にできる自己表現が上手な受講生でした。これからも、学習を続けてほしいと思います。

105回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

国家試験は、想像以上のプレッシャーや緊張感が襲います。私は、試験前日から小山先生からの応援メッセージの画像やメールで、本当に当日の緊張感から救われました。吉田ゼミナールを選んで良かったと心から思います。
 
強いて言えば始めたのが遅かったので、もっと早く知っていれば、実習時も心強かったのに・・・と悔やまれます。
 
どうしようかと迷っているなら、その時間がもったいないので、今すぐ始めたほうが良いよ!!というのが私のアドバイスです。