無駄のない国試対策

あなたが予備校を選ぶポイントは?

通塾型 

(沖縄県から福岡の予備校に通学する場合)
 飛行機・電車で約2時間・交通費(片道)27500円+宿泊費
(和歌山から大阪の予備校に通学する場合)
 電車で約4時間15分・交通費6700円 (片道)+宿泊費

 
予備校の近くに住んでいる場合でも、往復時間、さらにお昼のお弁当代が必要です。 

ネット型

通学時間0分、通学費用0円、講義が始まる直前にパソコンの前に座れば、そこはもう教室。
 
学校からの帰りが遅くなったときは、電車の中からスマホで参加できます。

通塾型 

早くから起きて、バッチリメイク
 
早くから教室に入り、席取り、失敗すると、一日の授業に集中できない。
 

ネット型

パジャマのままで、スッピンのままで授業に参加。
 
あなたの席は一番前、自分のペースで授業に集中できます。

通塾型 

後ろの人達のひそひそ話しが気になる、隣りの人のお化粧のニオイが鼻につく、汗臭いにおいが嫌、こうなると、一日中、勉強に身が入らない。
目の前に友達がいてリアルですが、においもリアルに伝わります。
 
周りの目が気になり、恥ずかしくて、わからないままで、質問ができない。 

ネット型

自分が好きな服で、お茶を飲みながら、子どもの面倒を見ながら授業に参加。
 
耳から入る音は自分の意思で選べるので、勉強に集中できます。
 
チャットだから、わからないときは、いつでも質問ができる。

通塾型 

また、満員電車に揺られて、何時間もかけて帰宅。これで私の長い一日が終わる。
家に帰り、とりあえず復習を初めても一生懸命取ったノートの意味がわからない。今さら質問ができないので不完全燃焼。
 

ネット型

授業が終わると、即、自分の時間、家族との時間に切り替えできます。
 
授業後の復習テストで自分の力を試し、一安心。

通塾型 

欠席時の講習費は戻ってこない。
 
友達にノートを見せてもらう、次回、先生に質問するなどですが、自分で授業を聞いていないので意味がわかりにくい。
 

ネット型

欠席時の講習費は戻ってきませんが、授業の内容は録画で学習できます。
 
録画を見て、分かりにくいと思った箇所は、先生に質問可能。

通塾型 

友達と一緒に申し込んだ、お昼のお弁当を一緒に食べる友達ができた。
 
毎回、顔を合わせているので、友達は増えた、って感じがする。
 

ネット型

受講しているのはひとりですが、ネットの中には全国に大勢の仲間がいます。
授業の休憩時間には、チャットで相談したり、励ましあったり、お互いの悩みを解決することもあります。
この定期的に行われる授業の中で、一緒に戦う人がいるから最後まで頑張れるのです。

   
自分がお昼食べるお弁当をもって、家に残る子供さんの食事を支度して、電車に揺られて、と予備校がある一日は朝から大変です。
 
そして、授業が終わり、猛ダッシュで駅に行って電車に乗って、そして、やっと家に帰るとへとへと。でも、そこには、洗濯の山が。
 
通学型の予備校の辛いのは、ここから。
 
洗濯も終わり、子供たちが寝て、やっと、自分の時間ができたと思ってノートを開くと、何を書いているのか、まったく分からない。時々、ノートを取るのをさぼると、お手上げ。
 
これで、私の休日は終わる。

受講生が吉田ゼミを選んだ理由

地元に予備校がなく通学型の予備校を考えたAさんの場合 

地元に予備校がなく、休日は予備校までの往復を考えると既に一日が終わることが考えらえる。
 

通塾型から変更したMさんの場合 

通塾型では、前の夜は早く寝て、当日は早起きをして、しっかりお化粧をして、電車に揺られて、やっと予備校に到着。普段、乗り慣れていない電車に乗っていくので、予備校に到着したときには既に講習が終わったみたいに、もう、ヘトヘト。
そのうえ、不意の電車の事故で遅刻した場合や体調不良で急に欠席した場合は自己責任だからと講座料金を棒に振ってしまう。自己責任と言われても・・・。
 

小さな子どもさんがいるAさんの場合 

低学年の頃は通塾型の予備校に通っていました。子どもを両親にみてもらっていたので、親の家までの往復の電車代と時間、両親へのお礼、申し訳ない心苦しさ、子どもが泣いたときに本当は食べさせたくないスナック菓子を買うなど、いろいろな出費と時間が必要でした。
友達から吉田ゼミを教えてもらい最終学年の国試対策はネット型に変更。講義がある日でも講義開始寸前まで子どもと遊ぶことができました。朝早く起きて両親の家まで子どもを連れて行っていた頃、無駄が多かったと感じます。
 

学生寮から実家まで300キロ、ネット講習を聞きながら実家に帰宅したB君の場合 

学校の実習レポートが思っていたよりスムーズに終わって冬休みに突入。冬期講習は友達の車で実家に帰りながら車の中で受講。高速道路でも音が途切れることもなく授業を最後まで受けることができた。
通塾型では、実家に帰りたくても受講後でなければ実家に帰ることができない。実家には早く帰りたいし、講習を受けなければ、もったいないし・・・。僕はネット型を選んでいてよかった。
  

通信制学生のGさんの場合  

本当はライブで聞いたほうが効果的かなと思いながらも、仕事が優先された。録画での勉強は、夜勤明けに一眠りしてから始めた。
でも、シフト勤務をこなしながらも、ネット講義の時間数が多いので結構、講義には出席できた。出席できたときは一生懸命講義を聴く。そして、休憩時間にチャットで友達と話す。このときのお互い頑張ろうという、ゼミ生からのチャットが、私の仕事のパワーになった。