吉田ゼミナールとは

吉田ゼミナール、今日にいたるまで

吉田ゼミナール誕生 

吉田ゼミナールは2001710日に愛媛県松山市に誕生しました。代表者は吉田さんと質問される人が多いですが、違います。松山空港の位置する松山市南吉田町から屋号が生まれました。
 
設立当初は、日本初の看護師養成学校に出向いて授業を行う学内出張専門予備校でした。南吉田と言うのは、松山空港から車で3分、アクセスを考え、飛行機の滑走路がすぐそばにある場所でした。
 

一斉授業では

全国の看護学校で授業を行い、夕方は次の学校へと移動の毎日でした。しかし、大教室で
一斉講義を行っている中で、『何か物足りない!何かやりたことが違う』と自問自答がありました。
 
大人数の教室講義では、学生の理解度や定着度を判定する手段は、学生のうなずきだけ。これでは、集団全体の成績を向上させることは到底無理でした。その時、全国に光回線が敷設されるという国の指針が出され、ネット専門予備校への転換を考えました。
 

松山市から今治市に移転

そして、愛媛県今治市でネット予備校をスタートしました。今治でのネット授業は、隣りがネットカフェ、インフラには好条件でした。
 

NHKの取材 

NHKの取材クルーが全国ニュースのために弊社を訪れた時も『ひとつぼ塾ですね』と少しびっくりした様子でした。しかし、こんな民家の一室から全国に授業を配信できると、快く取材が終わりました。このような、小さな事務所からのスタートでしたが、毎年、卒業生の口コミで、受講生が着実に増えていきました。
 

さらに光回線を増幅

2016年夏、受講生の増加に伴い光回線の増強・専用スタジオからの配信・個人情報管理の厳格化を目指して、体験型実習施設『まなびの館』の建築がスタートし、20176月に皆さんの協力のもとに竣工することができました。

吉田ゼミナールがある四国・西条

吉田ゼミナールは、四国・愛媛県にある小さな会社です。
 
愛媛県・今治市と広島県・尾道市を結ぶしまなみ海道は、島と島を高速道路で結び、高速道路の脇には日本で初めて海峡を横断できる自転車道があります。


 

 今治から、車で一時間程度で松山市に到着します。松山市には路面電車が走り、定期的に「ぼっちゃん電車」を見かけることがあります。
 

しまなみ海道を渡り、松山と反対方向に進むと、吉田ゼミナールがあります。以前は、今治市に会社がありましたが、2017年6月に、笠松山(今治市・朝倉)を越えて隣り町・西条市に移転しました。


 

 西条市は、水の都と呼ばれ、地下水の自噴井戸「うちぬき」が至る所にあり、名水百選にも選ばれています。 
写真は、周ちゃん広場(産直市場)の「いちじくパフェ」、西条名物の「鉄板ナポリタン」。