img20200213085520778613.png早期に、国試対策スタート img20200213100913547266.png国試日程も発表され img20200213100913423187.pngいよいよ、カウントダウン img20200213092857207609.png国試当日までの合格プログラム
img20200213100146726398.png img20200213100146840811.png img20200213100146783368.png img20200213100225708016.png
47_20200130135356469.png 46_20200130135356310.png img20200210113836037781.png

入塾時期による学習法

 
低学年の入塾

基礎力を身につけたい!

低学年で入塾希望が最も多いのは、基礎学力がついていなくて、今のうちに取り戻したいという看護学生です。先生は既に中学や高校の生物や化学は習得している前提で授業をするので、なかなかついていけないことに気が付き、入塾されます。
 
また、実習でも解剖生理学は役立つと、低学年からの入塾が増加しています。

 
受験学年の入塾

3月入塾生

3月の合格発表を待たず、既に入塾される既卒生が多くいます。次年度の国試を受験するなら勉強する習慣が身についている間に入塾されることをお勧めします。
 
また、受験年度になるが、本当は基礎力がなく定期試験は丸暗記の一夜漬けで乗り切っていた看護学生も入塾されます。自分の成績を一番よく知っているのは自分、いつまでの勘やノリで合格できないそうです。
 

吉田ゼミナールから
生物化学は国家試験には関係ないと言われる看護学生が多くいますが、小学校で習った問題や中学校の理科をしていれば解けたのにと思う問題が多数あります。

 

5月入塾生

合格保証講座の本講座が始まるまでに、数件の予備校の資料を取り寄せたり、体験した中で、自分に最適な学習法と実感され入塾されます。いよいよ受験年度もスタートし、実習をサクサク合格し、国試や就職試験に集中したい看護学生には最適です。
 

吉田ゼミナールから
友達と一緒に行きたいからネットは嫌!と通学型の予備校を選ばれる看護学生が多くいますが、自分に最適な国試対策を選ばれることをお勧めします。

 

8月入塾生

国試の日程が発表され、自分のことだと実感し入塾されます。また、夏休みに思うように対策が進まない、模試を受けても成績が上がらない、ついに国試対策をと希望される方が大勢います。
 

吉田ゼミナールから
国試の日程やその前に出題基準が発表され、国試対策モードが一段と上がってきます。毎日暑くて勉強をする気にならない中、自宅で国試対策ができる弊社の受講生は着実に力をつけています。

 

9~11月入塾生

後期が始まり、周りの友達から国試対策の話を聞き、模試の成績は合格圏内にいるがいまいち不安定で、このまま合格できるのか不安で入塾を希望されます。
 

吉田ゼミナールから
学校は後期の授業、模試の成績や定期試験の結果から、国試対策を修正する必要がある受験生もいます。自分の行動特性を考慮した国試対策が必要かもしれません。

 

12月入塾生

集中して国試対策をスタートしたい通信制、看護実習が終わりいよいよ国試対策、今まで自力で頑張ったけど結果が出ないので、と入塾されます。
 

吉田ゼミナールから
弊社では12月より60日総まとめや冬期講習の授業があります。今から頑張ろうと思う受験生には少し大変な時間ですが、今までの録画を視聴したり、テキストの音読の繰り返しで、追いついていただきます。

 
不合格者と合格者の分かれ目?

  

現役合格するために

毎年、国家試験が終わると入塾相談の電話が殺到します。その中でいつも思うことがあります。現役時に資料請求をして入塾を検討したことがある。が、その時は『自力で頑張ってみる』という選択をした人が本当に多いのです。
 
国家試験は絶対評価で基礎力のない人を除外し、相対評価で人数を調整する試験であり、需給バランスで合格率は決まります。しかし、合格率90%だとすると、全国に6000人の不合格者がいます。
つまり、毎年、不合格者はいるわけです。
この問題が解けたら合格ではなくて、受験者全体の上位●●が合格する試験です。
少しでも、不安を感じたら対策を立てることが合格への近道です。

 
吉田ゼミナール ライブネット授業は


5月まで待てない、看護の総復習

苦手だった看護の生物も、だんだん好きになる自分がわかる 

受験年度が始まる前に、専門基礎の分野を学習する際に、大いに役立つ中学・高校の生物・化学を総復習。


5月、いよいよ合格保証講座スタート

前期講習 

夏期講習

必修問題の絶対評価が80%に到達すると、やっと受験生としてのスタートラインです。夏休みの3日間は、必修問題の傾向を理解し、学習方法を確立する時期です。夏休み明けの模擬試験が楽しみになります。

後期講習

60日総まとめ

冬期講習

試験全範囲を3日間で総復習します。最頻出問題を中心に弱点分野を見つけ出すことに全力を注ぎます。

直前講習

最後の最後に、試験テクニックを身に着けます。どうしてもわからないときの対処法は役にたちます。

一夜漬け講習


今までの勉強法をやめて、基礎力能を身につけたい

 基礎力養成講座

  • おもに低学年(111・112回受験生)の受講生を対象とした講座ですが、110回受講生の受講も可能です。

 
解剖生理や生化学の成績は悪い学生を分析すると中学理科や高校の生物・化学の成績が悪い共通点があります。解剖生理のアシドーシス・アルカローシスは、酸塩基平衡が基礎になり、中学理科の知識が必要です。 
の基礎の基礎を強化することが、解剖生理を得意にする最短コースです。  

 


基礎から学習し、今の自分から大逆転したい

 大逆転講座

 


一日中、問題を解き合格能を身につける

 勉強マラソン

勉強マラソンは、テストゼミです。授業はありません。集中力を養成することが目標です。
 
定期的に問題演習を実施することで、集中力を強化します。問題の選択肢がシャッフルされるランダム出題により問題の丸暗記を防止します。 

無料で解決

看護師国家試験対策ネット予備校
吉田ゼミナール

営業時間:9:00〜18:00
〒799-1333 愛媛県西条市安用甲669-1
電 話 0898-35-2399
FAX 0898-35-2553