看護師国家試験ネット予備校 吉田ゼミナール

ライブネット授業も、Webテストも、パソコン、タブレット、スマホに対応

withコロナは、マスクにフェイスシールド、
エアコンガンガンの中の窓換気の予備校より、
あなたのお家で国試対策なんて、どう?
 
いろいろな環境下で大変な看護学生が、夏休みに
安心して学習できる講座のご案内です。
ネットができるスマホ、タブレット、パソコンがあれば、
帰省中の実家から!学生寮から!通学途中の電車の中から!!
全国どこからでも授業に参加できます!!
 
コロナでバイトがない、親の仕送りが不安定・・・、授業は進んでいない…、
だけど、国試は必ずやってくると不安な看護学生へ
今年度は吉田ゼミナールからの感染拡大の防止協力金として
例年より少し割引し、低価格の講座を開講しました。
 

 

withコロナは、マスクにフェイスシールド、
エアコンガンガンの中の窓換気の予備校より、
あなたのお家で国試対策なんて、どう?
 
いろいろな環境下で大変な看護学生が、夏休みに
安心して学習できる講座のご案内です。
ネットができるスマホ、タブレット、パソコンがあれば、
帰省中の実家から!学生寮から!通学途中の電車の中から!!
全国どこからでも授業に参加できます!!
 
コロナでバイトがない、親の仕送りが不安定・・・、授業は進んでいない…、
だけど、国試は必ずやってくると不安な看護学生へ
今年度は吉田ゼミナールからの感染拡大の防止協力金として
例年より少し割引し、低価格の講座を開講しました。 

(2時間×12日 総学習時間24時間)

 
夏休みは前期に遅れた学習を取り戻し、大逆転するチャンスです!
中学の基礎から学習し、看護の生物・化学から解剖生理へと無理なく無駄なくステップアップする講座です。
基礎力に不安があるかた、大歓迎!
対象:基礎力が不安★★★、後期が不安★★★★、前期のまとめが不安★★★★

 

(3時間×6日 総学習時間18時間)

 
国試発表は通常8月1日、毎年、発表と同時に看護学生は一気に受験生に!!
前期の授業が進んでいないし、実習もあるし、バイトもないし。でも、こんな夏休みだから集中して勉強するしかない!!
対象:必修が不安★★★、一般が不安★★★、状況が不安★★★★★

授業時間;㋐9:00~12:00、㋑14:00~17:00、㋒19:00~22:00から選択できます
 

 
(2時間×2日 総学習時間4時間

 
低学年の前期で学習するべき内容を学習します。
今年度は看護学校の休校で基礎学習ができず、そのまま夏休みに突入!
これで大丈夫?と考えているあなたへ
対象:高校の生物・化学が嫌いだった★★★★、友達はいけてるのか不安★★

 

 

 

ココが違う吉田ゼミナールのネットでライブ授業

 

①双方向のライブ授業なので、その場で質問・疑問解決!

ライブ授業でも一方向の授業は途中で飽きます。吉田ゼミナールのライブ授業は双方向なので、疑問もその場で解決できます。
『質問は教室まで来てください』『質問カードで対応します』といったことは絶対ありません。
 

②Webテスト、ライブ授業、復習テストのシステム学習!

ライブ授業をより一層効果的に行うために、ライブ授業の前にWebテストで受講生の学力を確認し、授業内容のレベルを設定します。授業後は復習テストで実力の定着度を確認します。
 

③録画授業は、30日間制限なしで見放題!

 よくありがちな授業の時は理解していたつもりでも、家に帰ると何を習ったか思い出せない。これでは何もしていないのと同じです。吉田ゼミナールのライブ授業は、授業後30日間は録画授業で復習できます。
 


 

各講座の学習教材

・授業用テキスト
・Webテスト(予習用・復習用)
・ライブネット授業用 ID/パスワード
・授業録画配信(授業終了後、1か月まで可)
 
事前に動画で学習し、Webの予習テストを受けます。このテストは、満点を取るのが目的ではなく。ワクワクしながら授業当日を迎えることが大切です。
授業の当日は、ネットの友達とチャットやホワイトボードの書き込みであなたの知識を定着します。
授業が終わると、知識の習熟度を確認するために、Webの復習テストを受けます。
急な用で休んだ時や、弱点分野は何度でも録画で学習できるので、そのままわからずに終わってしまうことはありません。
  
 

 

 
① 予習動画
授業で習う範囲の基本をあらかじめ動画で学習します。
 
② Webで予習テスト
テストの結果から、講師は受講生の学力を把握し、授業の内容を調整します。
 
③ ライブネット授業
受講生の学力特性に応じた授業で、学生自らが考え、応用力や実践力を養います。
 
④ Webで復習テスト
学習内容の理解度を試します。結果をもとに、各受講生の弱点部分を把握します。