47_20200130135356469.png 46_20200130135356310.png img20200210113836037781.png

107回受講生の声

後輩へのアドバイス

 

絶対に最後まで諦めず、考える力をつけてくれる先生を信じて勉強を続けて下さい!

 
 

国家試験は8割から9割が合格するから大丈夫だと思うが1割は毎年落ちているのでその1割に入らないように正しい勉強法や考える力を身につけておくことが合格の鍵だと思います。

 
 

"吉田ゼミナール、入って良かった!
脱リベンジ組を目標に、吉田ゼミに入塾 

1人ではやっぱり立ち向かえなかった
考え方や、勉強の方向性を導いてくれるゼミです!
 
 

ここの授業はチャットなので、言いづらい事が言い合えるところだと思います。そして,先生の授業がそのまま試験につながっていく!聞き逃すと試験の時に迷うハメになる! 

 
 

これから国家試験を受験予定の方々へ、アドバイスというか…私にお伝えできる事があるとすれば、やはり、信頼できる先生であるという事てはないでしょうか。

学校でもいくつかの予備校の先生による授業がありましたし、通ってみようという気持ちもありましたが、国家試験を作成する人の気持ちを考えて伝え、だからこうなのでは‥っと説明を入れてくれることが、私にとっては初めての体験でした。今まで作成者の気持ちを考えたことなど無かったので衝撃的でした。そのことに気づけてからは、ひとつ1つ問題の意図を考えながら解答するようになれました。そうすれば問題1点、また1点と理解しながら積み重ねていけるのではと思います。 
 
 

授業はしっかり出て、チャットに参加するとより頭に残ります。また、さらに録画で確認するととても理解できます。

覚えたことを、誰かに話すともっと定着できます。学校でグループ学習しにくい人も、ここでならできますよ!
 
 

問題の聞かれ方が今までと違うものもたくさんあったけど、基本的な部分をしっかり分かって理解していたら解ける問題もたくさんあったように感じます。

何でも初めは基本的なことから学ぶように、やっぱり基礎が大切なんだと思います。
逆に言えば、難しいことをいっぱい知っているより皆が分かるような基本的な部分をしっかりと押さえて、その後の考え方を吉田ゼミナールで学べば、勝てるのではないかと思います。
 
 

最後の模試まで必修8割取れなかった私が、国家試験で過去最高点を取れたのだから、皆も正しい方法で頑張りさえすれば合格できると思います。

 
 

私は実習が終わってから吉田ゼミナールの事を知ったので1年前に知っていたらよかったなとすごく思います。

実習終わってから国試勉強はすごく大変です。そのため入塾を悩んでいるなら入って後悔することは無いと思います!
 
 

先生が丁寧に教えてくれるのでいいですよ。みんな親切に教えてくれるので楽しく"

 
 

生活習慣を変えるなら四月までに変える。睡眠をよく取る。"私のようにリベンジの人は、誰にも相談できず悩みくじけそうになると思います。

 
 

先生は、諦めなければ夢は叶うと導いてくれました。

どんなに心強かったか知れません。

もっと前から入学してたら、リベンジせずにすんだと思うと残念です。
皆様は、後悔しないよう1日も早い入塾をお奨めいたします。
 
 

昨年の国試より難しくなっているかどうかは人それぞれ違うと思いますが、傾向が違っている感覚はありました。

先生がいつも言っている、東大の先生が作るから、は  誰にでも、どのような場面でも対応できる看護師が求められているのだと思います。
なるべく早くからコツコツと少しずつやることをお勧めします。自分はその点かなり後悔しました。
 
 

合格発表まで合否はわからないし、リベンジ組だからさらに不安は強いですが、吉田ゼミナールに出会い、小山先生に出会い、少しずつだけど自信を持てるようになりました。

自分を変えたい人!わたしもその1人でした!笑
皆さんに春がくることを祈っております!
 
 

小山先生は、とても誤解をされやすい人ですがあながち間違ったことは言わない先生なので吉田ゼミナールに入ることを決めたなら騙されたと思ってとにかく言われたことを実践してみてください。

私は、国家試験まで日にちがあまりなかったので先生の言っている授業内容を、一字一句覚えるつもりで学習しました。また、予習復習をしっかり行って確実に身につけるようにしました。
  

 

先生の講義を受けて、勉強が本当に好きになった。受験勉強の後半はテキストを読むことが好きになっていたし、テレビのCMや日常生活のちょっとした出来事でさえ国試に関連していることがたくさんあるんだと興味を持つことができた。 

ただ、好きになるまでには、辛い音読や諦めない心を持つことが大切。負けそうなとき、何回も先生の言葉が救ってくれた。本当に先生の授業は楽しいし、人としても大切なことをたくさん教えてくれた。吉田ゼミ生がもっと増えれば看護の世界も少しずつ変わると思う。
 
 

実習の記録が忙しく、国家試験対策どころではない方も多いかと思いますが、実習と国家試験の勉強は並行していく方がいいと思います。 

その理由としては、国家試験と卒論が終わってから取り組もうと思っても1ヶ月程度で仕上げるのは容易では無いですし、何より自力で効率の良い勉強とは何かも分からず国家試験を受けるのは難しい時代となっているからです。是非、吉田ゼミナールの授業を受けて合格を勝ち取って欲しいと思います。
 
 

吉田ゼミに入塾してから勉強が好きになりました。今まで何となく見てたCMや、ニュースも実は国試に関連していることがたくさんあるんだということに気づき自然と考え、覚えられるようになりました。

もちろん、そこに行き着くまでには音読や自分から逃げないことが大切ですが、先生が大丈夫っていつも励ましてくれました。大丈夫の言葉のあとにちゃんと具体的にアドバイスもくれるので、本当信じて付いて行こうと思いました。はじめのうちはこんなにゆっくり進んで国試まで間に合うのかなと思う人もいるかもしれませんが、大丈夫!!ちゃんと全部の範囲網羅します!!そしてレベルアップした自分に気づきます!!
そして、吉田ゼミでは勉強だけではなく、人としても大切なことをたくさん教えてもらいました。本当に素敵な先生に出会えたことに感謝しています。みなさんもお金のことや本当に大丈夫かなと思うことあると思いますが、クセになる授業を体験してほしいです!!
 
 

 途中で何度も嫌になることがあると思います。でも小山先生を信じてやる事!が大切だと思います。 

 
 

嫌になったら少し休憩する。

でもやる!小山先生から知識をいただいて
さらに音読で知識を深める!事が大切だと思います。 
 
 

過去問を解くことは大切です。ですが、ただ解いていくだけでは意味がありません。

どこを間違えているのか分析してみると自分の弱点をみつけることができます。「苦手だから」と言ってその領域や問題を避けてばかりでなく、少し、どんな内容なのかと向き合ってみるとそれが1点に繋がります。国試は1点の差で合格、不合格が決まります。最初から諦めるのではなくここまできたら最後までやりきろう、やるしかない。そういうやる気を持つことが大切だと思います。
 
 

遅くからはじめても、なんとかなるかもしれません。でも、早くからはじめて悪いことは一つもありません。

直前になってくるとどうしても、あの時もっと頑張っていたらと考えてしまいます。どんな問題がきても何があっても完璧☆と思える人はほんの一握りの人だと思います。自分なりに頑張って、頑張って、頑張ってきた人も、どこまでやればいいのか分からないと不安になる場面があるのではないでしょうか。みんなに等しく試験日はやってきます。そこまでの一年という時間は、大学、専門学校、通信制の学校、部活やバイトがある方、働いている方、子育てされている方、みんな同じだけしかありません。成績の伸びない自分に、他の人よりも時間がなかった、と思いたくなる日が誰しもあると思います。私は全然時間が足りていない、間に合わないと思った時が特に12月以降何度もありました。ちょうどその頃授業で、先生が、「今年は間に合えへん、受かれへん。って言うて、諦めれるんか、やめるんか。」とお話されました。本当にその通りだと思いました。その言葉は、すぐさま手近にあった紙に書き留めて、ログインIDと一緒に机の後ろの壁に常に見れるように貼りました。試験が終わった今でも貼ってあります。
 
 

1年を自分なりにがむしゃらに過ごして、受かる保証も受からない保証もありませんが、ゼミでなら先生に質問して、学習の進め方を軌道修正することが出来ると思います。

何はともあれ、最後まで、自分の日々の決断を信じて、試験当日、今まで自分が築いてきた成果の積み重ねを胸に問題を迎えること、試験が終わっても学び続けていくことが何よりも大事なのだと思います。後輩の皆さんが、ゼミを知ったこのチャンスをフルに活かして合格されること、合格までの道のりを楽しめることを願っています。 
 
 

私は、最終学年での模試の結果が悪くて、どうやって学習すればいいのか悩んでいました。過去問だけやっていても、国家試験には合格できないし、いろんな予備校に行ってもその時だけ理解出来るだけでした。

吉田ゼミナールは、授業を何回も録画で観ることが出きるし、特に解剖生理が苦手な私にはとてもあっていました。
緑の教科書を見ながら何回も何回も視て、理解出きるようになり、勉強するのがとても楽しみになりました。
107回の国家試験は、難しい問題もありましたが、小山先生が授業で教えて下さった事を思いだし、諦めないで、最後まで解くことができました。
私は、国家試験対策をするのが少し遅かったのですが、早めに国家試験対策をする事が大事だと思いました。
 
 

三年生になると、実習、国試、就職活動と、すごく忙しいです。就職が決まるまで、実習が終わるまで、先行きの不安しかありませんでした。また、国試に落ちたらどうしようという考えも、湧いてきます。

精神的にも、不安定になりやすいですし、時間的にも余裕が
ないので、ネット授業は、とても良かったです。先生のテキストは、分野ごとに分かれているので、持ち運びに便利で、電車の中でも読みやすかったです。また、授業前の予習も、スマホで問題を受験できるのが良かったです。
年々、国家試験は難しくなってきてます。でも、吉田ゼミナールの小山先生の話をしっかり聞いて、先生のやり方をきちんと守れば、必ず桜は咲きます??
"吉田ゼミナールでは、低学年から入塾しても授業料の追加がないことから、卒業年になってから本格的に勉強しようではなく、早いうちから入塾して、勉強を始めることが大切であると考えています。繰り返し授業を受けることで頭にも入りやすくなるので、迷ったら早めの入塾がおススメです。
 
 

自分は要領悪いかもと感じる方は、ぜひ、入ってみてください!

 
 

105国試の向けて学習の仕方を迷っておられる方は、先生の面談や体験授業を受けてみては如何でしょうか。私のおすすめする実体験を理解して頂くことに繋がるのではないかと思います。

近年急速に国試の内容が過去問の丸暗記では対応できない変化があります。また臨床に出てからも思考型の学習を行うことが力となると実感しました。その中で、吉田ゼミナールでの講義は、試験勉強の苦痛を緩和しながら楽しみも感じることでモチベーションの維持向上を図りながら思考型学習を行い目標に向かっていけると感じます。また、先生のお人柄が、国試に向かう過程だけでなく、試験当日・試験後の自己採点時までも非常に支えられパワーを頂きました。
私は10月に入塾しましたが、もっと早くに吉田ゼミナールを知って入塾できていたらと何度も思ったので、検討されている方は最初の1歩を早めに踏み出して余裕のある国試対策に繋げてください。応援してます。
追伸:先生の人生談義もとっても役立つことが満載です笑
 
 

国家試験の問題は、一年ずつ難しくなっていくことは、色々な情報によりわかっていることですが、その言葉に戸惑うことなく日々の学習を進めていくことが大切であり、どんなに新しい言葉が出てきても自分に自信を持ち基礎を大事にくり返し学習していく事で当日自分の持つ最大限の力を出せるよう学習していく事が合格の一歩です。

 
 

勉強の予定をきっちり決めて取り組む。
自分に厳しく、崖っぷちだということを頭に常におくこと。

壁(トイレ、お風呂)などに暗記するところや苦手な所を貼る

 
 

 
継続は力なり

 あきらめないで、努力することは自分の力になる

 

106回受講生の声

後輩へのアドバイス

 
とにかく本を読み、理解してから問題を解いていくと良いと思います。
頑張ってください!!ー
 勉強はコツコツ積み重ねが大切とおもいます。
 
 
1つ1つ考える問題が多いので勉強する時に色々な方向から考えながら学習していくことが大切です。特に先生の授業をしっかり聞いていると、問題をとき時のキーワードになることもあるので授業にはしっかり出席した方がよいです。
 
 
いや、本当に過去問をくりかえすだけの勉強では、歯が立たない。
「問題解きながら、過去問にかけた金返せ!って手を震わせながら心で叫んでた!」って周りの友だちのほとんどが言っていたので、気をつけて下さい。そうなると一人でどのように勉強すればいいのか迷うと思うので、ちゃんとした予備校(吉田ゼミ)を選ぶべきだと思う。
 
 
過去問や問題集を解くときはなんでそうなるのか考えた上で問題を解いて行ったほうがいいです。
勉強は嫌になることも多いとおもいますがら、自分のペースで焦らずコツコツ頑張ってください。
 
 
元気、気合い、根気
 
 
 
学習に困った時や、悩んだと時には、小山先生に相談すると個人にあった学習をみつけてくれると思います。
年々難しくなってきている看護師国家試験ですが、吉田ゼミナールの最新のシステムと、情報についていけば大丈夫です。
(ただし、記憶力は低下するため、毎日少しずつの学習はするべきです。 )
 
 
音読での知識補充
 
 
 
1年間努力を怠らず、先生を信じてついていって下さい!
それが合格への近道です! 
 
 
小山先生を有効活用するコツ!!
①LINEのお友達になる
②たくさんコミュニケーションとって自分を知ってもらう
③先生に教えて欲しいところは明確に
④時々怖いときあるけど気にせず!!
⑤授業中はたくさん発言してしっかり考えること
⑥とりあえず授業には参加!
⑦先生の近状報告を聞いて先生のことも知る
 
 
先生が言っている通り、国家試験では応用力が求められました。
問題の患者さんの状況をしっかり読み解き想像するなかで
根拠を自分なりに明確に頭の中で言いながら、回答を導き出すことを
ゆっくりではなく、短時間に行うことが必要でした。
いつも、模試では 1時間余っていたのですが本番は文章も多く、 15分しか余らず、マークシートを 3回見直し、必修の見直しまでで終了でした。
 
 
先生の言う、応用力を身につけるレベルには
基礎知識の習得の上にあると感じました。私は 9月からの受講でドタバタしましたが
みなさんは、 9月より 4月。半年でも一年でも早くから、身に付けられるといいと思います。 
応援しています! 
 
 
とにかく自分の苦手分野を分析し、自分が理解出来るまで学習するしかありません。もちろん調べて学習しても分からない事は先生に質問していいと思いますが、任せきりでただ回答を求めてもすぐに忘れてしまうと思います。実際自分で youtubeやネットで調べた事が国試にも出ましたし、記憶にもしっかり残るのだと改めて思いました。最後は自分しかありません。不安だと嘆くより、理解出来るまで学習することです。自分の力を信じて下さい!先生もきっと支えてくれるはずです。
 
 
人それぞれの勉強方法があるので、周りに振り回されず自分に合った勉強法を継続していくことをオススメします。そして、時には友達と一緒に勉強して学んだことや分からないことなどを教えて合うと、記憶が整理され知識が定着していきます!
 考える力とアセスメントの能力、文章を読むことになれることが大切です。頑張って下さい。
 
 
過去問だけの学習では国試合格は難しいと思います
早い時期の国試取り組みが必要かと思います
 
 
 
小山先生の関西弁の授業は、ユーモアのある授業でいつも楽しく笑いの絶えない授業でした。授業では、例題を出して分かりやすい授業で、わかりやすかったです。わからないことがあると、先生に丁寧に教えてもらいました。吉田ゼミに入って学習をすることで色々と自分の中で視野が広くなったので、ゼミに入ってよかったなと思っています。先生は、丁寧におしえてくださるので、吉田ゼミおすすめです。
 
 
国試を受け、去年より言われていた“過去問だけでは、通じない”ということを実感しました。
基本的知識を定着させる必要があるのには変わりありませんが、読解力、新しい動向、保健・医療・福祉の知見を深めつつ(新聞、ニュース等)勉強に励んで下さい。
 
 
今までは、実習後から過去問をすれば合格すると言われていたかもしれないが、 107回からは、本のすみからすみまで、しっかり理解しておく必要がある。検査結果もだいたいこれくらいか!は通用しない。細かく基準値を理解しておく必要がある。
 
 
私の場合は、1人で勉強するというよりも学校などで友達と一緒に勉強した方が良いと感じた。友達と時間を決めて勉強することでメリハリをつけて時間を使うことができ、教えあうことにより自分の学習や理解を深めることが出来た。また、友達同士で考えた語呂はよく覚えていて、試験でとても役に立った。
 
 
試験を受けて、必修も難しくなっているし、全体的に読解力、思考力が必要で、暗記だけでは解けないと思った。試験を受けた後、もう一年勉強しなくてはならない、、、と落ち込むほど達成感がなく、落ちるかもしれないと考えた。これまで受けてきた模試とも出題傾向が違っていたため、模試でとった点数以下を覚悟しました。
 
早めに学習に取り掛かること、根拠を理解する学習をして応用が聞くようにすることが必要です。  入塾する前は先輩から「過去問やってれば大丈夫」と信じて勉強していました。
 
しかし私の場合は学んだことがなかなか定着しなかったため、模試も当然 CD判定でした。入塾してからは成績が上がって行き、国試ギリギリまで成績が伸び続けたので、本当によかったです。今回の 106回の国試を受験してみての感想ですが、学校の過去問より吉田ゼミナールで学んだこと、予習問題でやったことの方が役立ったなと思います。先輩たちの言う、「過去問のみの学習法」の時代は終わったなと思ってしまいました。
 
自分に合った勉強方法を見つけるのに時間がかかると思いますが、繰り返し五感を使って勉強することで必ず結果に結びつくと思います。塾では繰り返し丁寧に教えて頂き、大変助かりました。先生ありがとうございました。みなさんも最後まで諦めず、がんばってください。
 
 
本読みが苦手な人は、初めは音読が苦痛に感じると思います。私もずっと苦痛でなかなか進みませんでした。だけど、少しずつでも続けると「こんなに読むの無理!」と思っていた音読も苦痛に感じなくなりました。毎日少しずつでも続ける事が大切だと思います。
 
周りの友達が過去問を解いていても自分は音読ばかりしていたので、少し焦りも感じたけど、先生の言葉を信じ音読を頑張りました。夏休み明けから過去問を解きだすと成績も伸びました。先に音読をしっかりやってから、過去問を解くことで理解が深まると思います。
 
また、その後の音読が、読みやすくなりどんどん理解出来るようになりました。国試が近づくにつれ、不安が大きくなったけど、先生の、「まだ伸びる!大丈夫!」という言葉を信じて最後まで頑張れました。最後の最後まで諦めない事が大切だと思いました。
 
 
夢を諦めないで欲しい。自分が目指した目標だから。一人では、無理なことでも、看護には、一緒に夢を叶えようとする仲間や、支えてくれる小山先生や先輩ナース、医療スタッフがいます。
 
 
今回の受験問題は、正直過去問なんてほとんどでていないし、今年の問題をみて、なにを勉強したらいいのかわからなくなるかもしれないが、国の状態や%とかは知っとかないといたい思いをしてしまうと思った。
 
受講生の皆様、お忙しい中、お手紙・アンケートに答えていただきありがとうございます。 毎年、このページは増え続けますが、皆様にお伝えできる場として更新してまいります。

無料で解決

看護師国家試験対策ネット予備校
吉田ゼミナール

営業時間:9:00〜18:00
〒799-1333 愛媛県西条市安用甲669-1
電 話 0898-35-2399
FAX 0898-35-2553