47_20200130135356469.png 46_20200130135356310.png img20200210113836037781.png

まなびの館とは

 
吉田ゼミナール 本部「まなびの館」誕生

愛媛県松山市で出張専門予備校誕生

吉田ゼミナールは2001710日に愛媛県松山市に誕生しました。 
設立当初は、日本初の看護師養成学校に出向いて授業を行う学内出張専門予備校でした。南吉田は、松山空港から車で3分、全国の看護学校に行くためには好条件でした。
  

松山市から今治市に移転

その後、会社の主軸を隣り町、愛媛県今治市に移転し、その際にネット予備校をスタートしました。ネット授業は、隣りがネットカフェということもあり、インフラには好条件でした。
 

NHKの取材 

NHKの取材クルーが全国ニュースのために弊社を訪れた時も『ひとつぼ塾ですね』と少しびっくりされたようでしたが、こんな民家の一室からでも全国に授業を配信できると、紹介していただけました。
このような、小さな事務所からのスタートでしたが、毎年、卒業生の口コミで、受講生が着実に増えていきました。

自社ビルの安心感

吉田ゼミナールの設立当初は、日本初の看護師養成学校に出向いて授業を行う学内出張専門予備校だったので、対面の安心感があり特に不自由はありませんでした。しかし、ネット予備校になるとインターネットを通じて入塾希望者に出会うため、北海道や沖縄の遠距離の人にとっては、前払いで高い受講料を支払うことに抵抗があったようです。
  

1000キロ向こうから受講料を支払いにきた受講生

まなびの館を建築する以前、朝会社に出社すると玄関先に大きな荷物を抱えた女性が一人立っていたことがあります。
吉田ゼミナールのホームページを見て、入塾したいが、インターネットで自宅で受講できるという夢のような学習システムが信じがたく、実際に会社が存在するか本人の目で確認したかったということでした。 
 

自社ビルが完成して 

まなびの館が完成すると、講座の申し込みを直接会社まで訪れる学生はいなくなりました。グーグルマップを見ても会社が確かに存在すると安心するそうです。
実際、駅前型の予備校はテナントが多いので、昨日まで運営していた予備校は、今日から閉鎖というのはよく聞く話です。看護の世界でも同様なことが数件ありました。
 

まなびの館の建築

2016年夏、受講生の増加に伴い光回線の増強・専用スタジオからの配信・個人情報管理の厳格化を目指して、体験型実習施設『まなびの館』の建築がスタートし、20176月、皆様の協力のもとに竣工しました。

 
「まなびの館」とは

アレルギー対策

まなびの館は、アレルギー対策ため床はサクラの無垢材、壁は漆喰とホルムアルデヒド対策を行っています。窓枠や扉もすべて無垢材です。
 
漆喰の主原料である消石灰は、二酸化炭素を吸収することで徐々に石灰石へと戻り固まっていきます。
消石灰から石灰石に戻るまでには100年を超える長い時間がかかります。時間をかけてゆっくりと呼吸をしながら固まっていくらしく、漆喰壁が呼吸をすることで、冬場の「乾燥」や夏場の「湿気」を防ぐ効果が期待できます。
調湿効果のある漆喰壁は、年間通じて部屋の湿度を快適に調整してくれます。  
 

体験できるキッチン

まなびの館には、キッチンが2か所存在します。無垢材の流し台は、天板の高さが、85㎝と83㎝と異なります。この2㎝は使用する人の身長によって心地よい高さであり、腰痛予防に効果があります。実際に体験すると簡単に理解できます。
 

かたちの異なるトイレ 

3か所のトイレは構造や便器の形が異なります。床が光触媒効果で臭いを分解するものと一般的なクッションフロアのもの。
個室の大きさは1畳と1.5畳があり、介助者の援助を学習することができます。
便器は、災害時に有効なタンク付き、おしゃれなタンクレス、介護しやすいフローティングタイプとそれぞれのメリット・デメリットを体験することができます。看護学校の演習室は、トイレだけは実際に使用することはできないなか、体験することは学習にもなります。
 

ライブネット授業専用スタジオ

ライブネット授業を配信する防音室が2つあります。木造建築で50デシベルの外部音を遮断しています。このスタジオから毎晩、全国にライブネット授業を配信しています。 

無料で解決

看護師国家試験対策ネット予備校
吉田ゼミナール

営業時間:9:00〜18:00
〒799-1333 愛媛県西条市安用甲669-1
電 話 0898-35-2399
FAX 0898-35-2553