81_20190205084544736.png 82_20190205084544629.png 83_20190205085039067.png 84.png 85.png
81m.png 82m.png 83m.png 84m.png 85m.png
47_20200130135356469.png 46_20200130135356310.png img20200210113836037781.png

反転マスタリー

 
一連した合格プログラム

予習動画でインプット、授業はアウトプットの反転マスタリー 

先生が説明し、生徒はひたすらうつむいてノートを取るのが多くみられる授業の光景ですが、吉田ゼミナールは授業当日までに、各自、予習動画で学習、その後、基礎力テストを行い、授業に参加します。つまり、通常の授業が予習動画・基礎力テストに、復習は授業の場でと、反転しています。 
 

ライブネット授業は、全員参加型のアクティブ・ラーニング

授業はインターネットを用いて配信していますが、チャット、4肢択一、10肢択一、マイクで、ディスカッションを行います。また、「この問題をどう思う」、「これから何が考えらえる」と、常に先生からの問いかけに、受講生は、ひたすら考え、自分の知識のなかから答えを導き出す繰り返しが繰り広げられます。 
 

知識をアウトプットするWebテスト

自分の知識を試す場として、Webテストを行います。テストは、過去問だけではなく、空所補充問題、記入式などで、問題の鍛錬ができます。Webテストは、パソコン・タブレット・スマートフォンから利用できるので通勤や通学の電車のなかや、学校のちょっとした空き時間を有効に使うことができます。 
 

受講生の成績は、すべてICTで管理

受講生により弱点が異なります。成績はすべて管理できているので、学習相談の際には、的確に指導ができます。また、成績は過去の履歴が確認できるので、伸びた分野、これから重点を置いて勉強する必要がある分野など、振り分けることができます。これが、効率的な学習法です。 
 

この一連のシステム学習で、入塾時の成績は関係なく、成績を伸ばします。

ある人は、ライブネット授業で、録画学習で、Webテストで、テキストと、それぞれのライフスタイルに合った学習法をみつけ、受講生は、どんどん成績を伸ばしていきます。生活する環境が整っている人だけではありませんが、「合格したい」気持ちは、どの人も100%。 

 
合格保証講座は反転マスタリー

通常の授業は、先生は説明する、学生はひたすら聞きながらノートを取るという、知識を解説するだけの授業を受動的に受講しているケースが多く見受けられます。  

吉田ゼミナールの授業は 

授業までに予習動画で学習する。

授業前に学習する分野に必要なキーワードを動画の解説で学習し、授業は、その知識を応用し、受講生同士の意見交換や議論を交わすことで思考力を強化します。
良く見かける、「次回までに、ここのページをよく読んでおいて!」という予習は各自、差がありますが、動画で学習するので、ポイントを絞り、また、習熟できなかった箇所は何度でも見直すことができるので
 

予習動画を学習後、基礎力テストを受験

テストの結果から、先生は多くの受講生が間違った箇所を重点的に授業を行うことができます。また、受講生も、自分の成績から弱点を見出し、授業当日には、「こんなことを質問してみたい」「ここは人に説明できる」とワクワクしながら当日を迎えることができます。 

授業後は、復習テストで知識を定着

 知識を定着させる

   

  
エビングハウスの忘却曲線では人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表しています。つまり、勉強したこと1時間後は56%、1日後は74%、1か月後は79%を忘れるというものです。
 
効果的な復習をしなければ一日も経たないうちに70%以上は忘れます。通学型の予備校で習ったつもりでも、帰ってノートを見ると何を書いているのかよくわからない、というのも、このことから理解できます。 
 

吉田ゼミナールの学習法は 

知識を定着させるために基礎力テストの実施 

授業を聞いてわかったつもりになっていても、知識は身につきません。授業を受けて終わり、ではなく、忘れる前に学習したことを振り返る時間が重要です。 
 
通学型の塾でも演習問題はよくありますが、塾が終わって寄り道をしているといつの間にか演習問題という宿題を忘れて、次の授業に出席するというケースがよくあります。問題もやりそびれて・・・、というその繰り返しが、「いつになっても力がつかない」という言葉になってしまいます。 

 
通常の授業と反転授業の違い

① 各自、動画で予習

あらかじめ動画を見て基礎知識をつけます。

② 基礎力テスト

①の動画を学習した後、理解の程度がわかる基礎力テストを受けます。

③ 授業でディスカッション

先生は、『② 基礎力テスト』の結果をもとに、授業を行うことができます。生徒も既に予習動画で習った知識をもとにディスカッションができます。

④ 直後に復習テスト

授業終了直後に復習テストで記憶を脳に定着させます。

⑤ 各自、弱点を動画で復習

復習テストで弱点分野が判明すると、動画に戻り、再度、学習します。

⑥ 弱点克服テスト

弱点分野が克服できているか、テストで試します。
 

学校で学び、自宅で復習し知識をつける学習から、反転授業は自宅で予習し、授業で既に知っている知識をもとに応用し、さらに復習でレベルアップする。まさしく、知識の習得順序が、授業→自宅が、自宅→授業と反転しています。
 
通常の授業での予習は各自の自主性によって行います。授業で習う内容を推測できる生徒がいれば、教科書すら見ていない生徒もいます。これでは、同じ授業を受けても学力に差が出ます。反転授業では、全員同じ予習動画を見ます。動画を見る回数や時間に差があったとしても、授業当日までに既に理解できています。 

無料で解決

看護師国家試験対策ネット予備校
吉田ゼミナール

営業時間:9:00〜18:00
〒799-1333 愛媛県西条市安用甲669-1
電 話 0898-35-2399
FAX 0898-35-2553