[専門学校] [現役] [実習に困ってネット検索]

講師が彼女を語る

 


『先生~、こんばんわ。質問ですけど・・・』
電話の向こうで浪速のおばちゃん学生の声がする。この瞬間、大阪育ちの私は、生まれ故郷を思い出すのです。
『先生、全国模試がんばったから、なんかトップ賞ちょうだい・・・』
吉田ゼミナールは自己効力感を高めるために、クラス1位か全国模試3ケタになると『なんでも一等賞』を授与します。
その結果が全国模試35位!大人でも他人に認められればうれしいものです。

彼女からいただいた手紙

 

私は、准看の学校を卒業し、そのまま同じ学校の看護学科に進学しました。
准看の時、実習の記録を書くのが苦痛で苦労したこともあり、なんとかしないと、また、苦労すると考えました。
 
そのとき、ネットで見つけたのが吉田ゼミナールでした。「実習でお困りの人は」という文字に惹かれて電話をかけてみようと思ったのがきっかけです。
 
小山先生は、気さくな感じで、○○さんの学校に、昔、教えに行ったことがある吉田ゼミナールと話され、そこから一時間近く話をした記憶があります。私は、話をしていて、この先生は何でも物をよく知っていて、正直に話をする人だなと思い、間違いはないだろうと、講義体験はせず、すぐに入会を決めました。
 
1年の11月頃に入会したと思います。
 
低学年の授業は水曜日しかなく、それ以外は緑のテキストを読むように言われました。最初は苦痛で、ページ数もあまり進みませんでした。しかし、1回目より、2回目、3回目の方が読むスピードが早くなってきていました。
最終的に、4回しか読んでいませんが、どの辺りにどんなことが載っているかはわかるので、過去問題を解いてテキストで調べる時はスムーズに探すことができました。
 
2年生の2月には恐怖の実習が始まりました。悩みがあると小山先生に電話をかけ、相談しました。小山先生は、ハッキリものを言いますが、裏、表がなく素直に話を聞くことができたと思います。
 
お陰様で実習は全てクリアすることができました。
 
ライブ授業では対面講義と違い、簡単な質問で恥ずかしいなと思うようなことまで、顔が見えないので聞くことができ、気持ち的に楽でした。また、対面講義では同じ授業を受けることはできませんが、ネット授業では録画をしているので同じ授業を繰り返し見ることができ、授業内容を深く学ぶことができたと思います。
更に通学時間がなく、自分の部屋が教室になるのも魅力でした。
 
最初はネット講義というの大丈夫かなあという思いはありましたが、結果的に私にはとても合っていたと思います。
 
1月いっぱいで学校での講義が終わり、2月に入ってからは自宅で1人での学習でした。
 
孤独で嫌になる時もありましたが、ネットの授業で皆で行うことで私だけがしんどいわけではない、皆頑張っているんだというのが伝わってきて、モチベーションが上がり楽しく最後までライブ授業を聞くことができました。
 
105回の国家試験は難しく感じましたが、合格点まで達することができたのも吉田ゼミナールのお陰だと思います。これから勉強を続け根拠を持って考えられる看護師になりたいと思います。
 
最後に吉田ゼミナールに入会を考えられている方
 
小山先生は受講生が合格するためにはどうしたらいいかを常に考え、授業をされています。
 
小山先生を信じて頑張ってついて行ってほしいと思います。
 
合格の切符を手に入れましょう!!

105回の試験は難しかったですか。

 
こんな問題、一度もみたことない、教科書に載ってる?
 
っていう問題があった。

国試対策に過去問の繰り返しは必要だと思いますか。

 
国家試験には新しい問題も出るが、過去問で見た問題も出ます。なので過去問を解き、この問題のどこが間違っているのかを考えて問題を繰り返し解く必要があると思います。

合格保証講座を受講した感想を聞かせてください。

 
1年で成績が伸びたというか、最後の2週間ぐらいで猛勉強したので、その2週間で伸びたような気がします。

インターネットを利用した講義は分かりやすかったですか。

 
ネットの授業でよかったのは、講義を録画されているので、分からなかった部分を何度も繰り返し見れるので理解しやすかったです。

ライブネット授業はいかがでしたか。

 
白い冊子の過去問は1月の終わりから国家試験前日まで利用させてもらい、大変助かりました。

Webテストは、使いやすかったですか。

 
私はWebテストは一度も利用したことがありません。理由は、解答の解説が詳しくないからです。
答えだけを覚えても仕方がないと思いました。予習、復習テストは利用してました。

後輩におすすめのライブネット授業の学習法は?

 
授業中、分からないことはその場でチャットに書き込んでください。どこの誰かとか、分からないので恥ずかしく感じることはありません。分からないことはどんどん質問しましょう。

後輩におすすめの授業録画の学習法は?

 
授業中、質問しますが、その場ですぐに理解できないこともあります。録画で再度、確認して理解するまで何度でも見た方が良いと思います。

後輩におすすめのテキストの学習法は?

 
人体の構造と機能の緑のテキストは4回読みました。
本当はもっともっと読み込んでいかなければならなかったのですが、なかなか読むのが苦手で進みませんでした。

後輩におすすめのWebテストの学習法は?

 
Webテストは利用したことはありません。
ただ、予習、復習テストは利用していました。

後輩におすすめの質問サポートの利用法は?

 
メールでの質問サポートはあまり利用したことがありません。
聞きたいことがあれば電話をかけて、直接します。その方がわかりやすいです。

106回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

 
勉強というのは、日々の積み重ねが大切だとつくづく感じました。
 
受験が終わって思うのは、もっと早く取り組んでいたら楽だったのになあということです。
 
最終学年の夏休みには、白い冊子の過去問は全て解いた方が良かったと思います。
 
実習で忙しかったり、看護研究があったりと時間を作るのが大変だと思いますが、毎日、ここまで解こうと決めて行ってみてください。年明けが楽になると思います。
 
私は、1月の中旬ぐらいから白い冊子の過去問を解き出したので、結局1周と、後、間違った所を再度、解くしかできませんでした。
 
あ、なんでもっと早くからしなかったんだろうと、その時、後悔したので、とにかく早めが大事です。
 
105回の試験は難しかったですが、過去問からも違う形ですが出ています。根拠を考えながら過去問、解いてください。

看護師国家試験対策講座の資料を請求する